実際に受注したネットバンキングシステムの案件例

オンライン上で済ませることができる時代

緊急メンテナンスなどの一斉に配信される機能だけではなく、特定の条件に該当する人にだけ特別なメッセージが配信される機能、その銀行特有のポイントやキャンペーンの表示機能などを付加することも多いです。
利用者の利用状況に応じて会員のグレードを変化させる機能や、それによって利用できる機能の制限や解放などを行うケースが多いと言えるでしょう。
銀行によってはネットバンキングシステム上で住所などの個人情報が変更できるようになっていたり、公式ホームページや別の会員サイトなどに接続したりするシステムを搭載するように依頼されることもあります。
知らない人は多いかもしれませんが、宝くじの購入や公共料金口座振替の申し込み、ペイジーなどの機能が搭載されているネットバンキングシステムも多いです。
実際にこれらの機能を搭載するように依頼された案件もたくさんあります。
稀にログインすることでポイントが貯まるシステムやゲームを行うことでポイントが貯まるシステム、それを交換できる機能を搭載するように指示されることもあります。
最も基本となる内容はどこから依頼される場合も大体同じであり、銀行の規模に関係なく残高照会などのメジャーな機能を搭載していますが、独自の機能の追加を頼まれることも増えてきていると言えるでしょう。
近頃は何でもオンライン上で済ませることができる時代となっています。

本日のテーマは『プログラミングで失敗しない学習方法とは?』

言語/DBは同時に3ヶ月学習する
・HTML/CSS
・JavaScript
・Java/Spring
・PostgreSQL

この学習方法を実行したら、フリーランスエンジニアになれて、後に年収100万稼げたります。
#駆け出しエンジニアと繋がりたい

— 長谷部雄介【はせべ社長@年商5,000万エンジニア】 (@hasebe_yuusuke) August 13, 2020

様々なサービスの開発を行っていますオンライン上で済ませることができる時代安全に分かりやすく利用できるものをつくっていくことが大切